2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
仏像の誕生と伝播
2011/03/30(Wed)
仏教徒がその信仰に基づいて造形活動を始めたのは、釈迦の遺骨を祀ったストゥーパ(仏塔)の造立ですが、仏像の製作はすぐになされたわけではありません。

釈迦が初めて具体的な姿で、すなわち仏像として登場するのは1世紀中ごろのガンダーラ地方です。
インドから北に向かった仏教文化とヘレニズム文化が融合し、ギリシャ・ローマの造形技法の影響を受けて、初めて人間的な姿の仏像が誕生したのです。


その後、2世紀には、マトゥラーでも仏像が作られ始め、ガンダーラ仏の西方色の強い様式に比して、純インド的な表現が行われました。
さらにマトゥラー仏は、5世紀にサールナートを中心として、均整のとれた美しい体躯と薄く等間隔に刻まれた衣のひだの表現を持ったインド仏像彫刻の完成形とも言うべき仏像様式に展開しました。


インドからの仏像の伝播は、南インドを経てスリランカ、さらには東南アジア諸国へと至る海上ルートと、インドから北へと伝わり、シルクロードを経由して東に伝わるルートとが大きな流れですが、さらに時代を経て、7世紀、後期密教の頃にはチベットにも伝えられました。


我が国へは、インドからシルクロードを経由するルートにより、中国・朝鮮半島を経て伝わりました。中国に仏教が伝わったのは、、2世紀ごろのことで、北魏の時代には大規模な仏寺や石窟寺院が造営され、唐の時代には仏像の表現に人体の理想美が追求・反映されました。
スポンサーサイト
この記事のURL | 仏像の歴史 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<普賢菩薩 | メイン | 東大寺 盧舎那仏坐像(大仏)>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://buddha77.blog38.fc2.com/tb.php/31-13995409

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。