2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
東大寺 盧舎那仏坐像(大仏)
2010/05/18(Tue)
東大寺-盧舎那仏坐像 (2)
東大寺-盧舎那仏坐像


国宝。
銅像 像高14.98m 奈良時代

「奈良の大仏さま」として知られる東大寺の本尊。聖武天皇の発願によって造像され、752年に開眼しました。使用された銅は500トンにも及ぶと言われています。

盧舎那仏は太陽神の崇拝から生まれた如来、毘盧舎那如来で、仏の智慧の広大無辺なことを象徴しています。

鎌倉時代、室町時代の2度の戦火で当初の部分は少なくなりましたが、それでもなお高さ15メートルあまりの銅像の大仏は、総国分寺である東大寺の本尊、華厳世界の教主にふさわしい雄大さを備えています。

この像の形は、右手の第3・4指をわずかに曲げた施無畏印、左手は左膝上において掌を上向け、大仏座と呼ばれる蓮華座上に結跏趺坐しています。そして、台座蓮弁に毛彫りでそれぞれ釈迦如来とその世界を表し、全体で蓮華蔵世界を現出している点も特徴です。
脇侍として、如意輪観音・虚空蔵菩薩を従えています。

東大寺-盧舎那仏坐像3
東大寺-盧舎那仏坐像



国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング
スポンサーサイト
この記事のURL | 美仏図鑑 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<仏像の誕生と伝播 | メイン | 三十三間堂(蓮華王院本堂) 千手観音坐像>>
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://buddha77.blog38.fc2.com/tb.php/30-3b6517a6

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。