2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
大日如来
2009/05/22(Fri)
大日如来は梵名マハーヴァイローチャナの訳で、「大日経」「金剛頂経」に説かれる、密教の体系の中心をなす尊格です。


密教の教えによると、大日如来は宇宙全体の中心にいる最高の存在であり、宇宙の真理そのものという壮大なスケールの存在です。また、すべての仏は大日如来の化身であるとされています。

その起源は古代ペルシアの太陽神アフラ・マズダーと関係があり、その知恵の光明は宇宙をあまねく照らすとされています。



わが国では、平安時代初め、空海によって唐からもたらされた「密教」は、日本では真言宗として広まりました。


その姿には2種あり、1つは「金剛頂経」にもとづいて表わされた仏の知を現す金剛界大日如来と、もう1つは「大日経」にもとづいた仏の理の世界を表わす胎蔵界大日如来です。

二つの姿の大きな違いは、「印相」です。

金剛界大日如来は「知」の象徴で、知恵の深さを意味す知拳印を結んでいます。
これは左手の人差し指を立て右手でその指を握る手の形。

一方、胎蔵界大日如来は「理」の象徴とされ、瞑想していることを表わす法界定印を結んでいます。
こちらは腹部の前で左右の手のひらを重ね、両手の親指の先を合わせた形で、座禅で組む手の形に似ています。


いずれにも共通する像の形の特色は、通常の如来が出家した釈迦の姿をモデルにして華美な装身具などを一切付けず、簡素な大衣をまとうのみであるのに対し、大日如来は宝冠・瓔珞・腕釧・臂釧などできらびやかに飾り、大衣を着けず、上半身には条帛を着け、頭上には肉髻がなく髻を結うという、菩薩と同様の華やかな姿をしている点です。


これは、密教の世界そのものを包括する存在の大日如来には王者の装いである菩薩姿がふさわしいとされたからです。とくに宝冠は「五智の宝冠」といわれ、知恵の象徴であり5つの仏が描かれています。

像はすべて坐像です。


天才仏師として知られる運慶が20歳代に手がけた、円成寺多宝塔の大日如来坐像はよく知られています。


円成寺-大日如来坐像3
円成寺-大日如来坐像


円成寺-大日如来坐像
円成寺-大日如来坐像


にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


スポンサーサイト
この記事のURL | 如来について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
阿弥陀如来
2009/03/26(Thu)
阿弥陀如来は、その寿命が無限であることから無量寿如来とも呼ばれ、またその光が無限に十方世界を照らすことから無量光如来とも呼ばれ、西方極楽浄土の教主とされています。阿弥陀はサンスクリット語のアミタの音写で「計り知れない」「無限」の意味です。


『無量寿経』「観無量寿経』『阿弥陀経』の、いわゆる浄土三部経を主たる典拠として、阿弥陀如来は、悟りを開く以前は「法蔵菩薩」という名の修行者でした。人知では計り知れないはるか昔、「世自在王如来」という仏がこの世に現れたとき、その説法を聞いたある国王が、自分も仏の道を悟りたいと思い、王位を捨てて、法蔵と名乗る僧侶になりました。


諸仏の浄土をことごとく観察した法蔵は、その中の素晴らしい浄土を規範とし、その規範をすべて満たした浄土を建立。そこに念仏を行う衆生を救って必ず極楽に往生させるという第十八願に代表される阿弥陀如来の四十八願を立てました。
宝蔵は誓願のすべてが成就するまで仏にならないという決意を抱いて修行に励み、ついに悟りを開き、西方極楽浄土を建立して、その教主・阿弥陀如来となりました。


わが国では、平安時代に末法思想が広まり、さらに法然・親鸞たちにより浄土教が発展して以降、現代に至るまで、もっとも一般的に信仰される仏の一つとなっています。



阿弥陀如来には9つの印相があります。これは九品往生の考えをもとにしていて、大別して禅定(定印)・説法(説法印)・来迎(来迎印)の3つの相があります。禅定は坐禅する姿、説法は極楽浄土で法を説く姿、来迎は極楽浄土より立ち上がり、この世界に衆生を迎えに来る姿です。


独尊でつくられる場合もあり、また脇侍として観音・勢至菩薩を従える場合も多くあります。さらに二十五菩薩を従え、雲に乗って往生者を迎えにやってくる、聖衆来迎の様子を表す場合もあります。


平安時代に密教がもたらされたのにともない、観想の対象として、新たに密教の曼陀羅中の阿弥陀像に基づいて象像が行われるようになりました。坐像で、両手を腹前で法界定印のように結ぶが、第2指を曲げるのが特色で、これを阿弥陀の定印と呼んでいます。この定印像は、きわめて多くの作例が残されています。


一方、末法思想の広がりに伴い、阿弥陀の来迎ということが注目されるようになった平安後期には、来迎の姿の阿弥陀如来像がつくられるようになりました。これの印相は施無畏印・与願印に似ていますが、第1指ともう一本の指をねじるのが特色で、来迎印と呼ばれています。


平等院-阿弥陀如来坐像
平等院-阿弥陀如来坐像(国宝)

平等院-阿弥陀如来坐像3
平等院-阿弥陀如来坐像(国宝)

にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 如来について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
薬師如来
2009/03/24(Tue)
薬師如来は、正式名称を薬師瑠璃光如来と言い、阿弥陀如来の西方極楽浄土と反対側の東方浄瑠璃世界の教主です。「瑠璃光」とは、浄土の地面が七宝のひとつ瑠璃で出来ていてそれが光り輝いてる様子を言います。


梵明はバイシャジャグル。これは「医薬の先生」という意味です。
『薬師瑠璃光如来本願功徳経』などには、薬師如来がまだ菩薩として修業中であったときに、衆生を救済するために立てた12の大願を説いています。そのなかには、寿命を延ばし、諸病諸苦、貧困を除き、安楽を与えるという現世利益が説かれていて、それが注目され、古来多くの人々の信仰を集めました。


日本の薬師如来の姿は、大きく分けて2つあります。1つは飛鳥時代から奈良時代にかけてよく見られるもので、如来通有の姿で右手施無畏印、左手与願印の印相を結ぶものです。
もう1つは、右手施無畏印で、左手は掌を上に向けて薬壺をのせるというもので、平安時代以降はこちらが一般的になりました。如来の中で持物を持っているのは薬師如来だけです。


脇侍として日光・月光菩薩が従うのが通例で、眷属としては12将を伴います。
また、『薬師瑠璃光七仏功徳経』などには、善名称吉祥王如来・金色宝光妙行成就如来・薬師瑠璃光如来など7体の薬師如来を説き、これを一般に七仏薬師と言います。

勝常寺-薬師如来坐像3
勝常寺-薬師如来坐像(国宝)

勝常寺-薬師如来坐像
勝常寺-薬師如来坐像(国宝)


にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 如来について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
釈迦如来
2009/03/23(Mon)
釈迦如来は仏教の始祖で、古代インドの実在の人物です。
梵明シャーキャ。釈迦牟尼(釈迦族の聖者の意味)のこと。仏像の歴史上、実在したのはこの釈迦如来だけです。仏像の元祖だけありまして、誕生仏や涅槃像など様々な姿の像が作られるのも釈迦如来像の特徴です。


釈迦は紀元前7~5世紀頃に、現在のインド・ネパール国境付近の釈迦族の王スッドーダナ(浄飯王)と妃マーヤー(摩耶)の王子として生まれました。わが国では釈迦誕生の日を4月8日とし、この日を降誕会としています。幼少時代を何不自由ない恵まれた境遇で送り、16歳で妃ヤショーダラーを迎え、一人息子ラーフラをもうけました。


しかし、29歳のとき人生の苦悩について深く考え、解脱を求めて出家しました。
高名な修行者を訪ね、苦行にも勤しみましたがそれでも求める道には至りませんでした。35歳のとき苦行を捨て、村娘スジャータの差し出した乳粥を食べて、尼連禅河のほとりの菩提樹の下で禅定に入り、悟りを開きました。この日をわが国では12月8日とし、成道会としています。


こののち、以前一緒に苦行した5人の修行者にはじめて説法し、5人は釈迦最初の弟子となりました。これを初転法輪と言います。
80歳でクシナガラーの2本のサーラ樹(沙羅双樹)のもとで禅定し入滅する(大般涅槃)まで各地で説法をし、多くの人々に仏教の真の悟りを説きました。入滅の日はわが国では2月15日とし、涅槃会としています。


釈迦如来像の形の中で、最も多く見られるのが、如来に通有の相である、肉髻、螺髪、白毫、三道相を表し、右手は施無畏印、左手は与願印を結び、下半身には裳を着け、大衣をまとっているものです。


釈迦如来がルンビニー園で生母摩耶夫人の右わき腹から生誕直後に7歩歩んで、右手で天を、左手で地面を指しながら「天上天下唯我独尊」と言ったという有名な伝説を表したものが誕生仏です。
また、釈迦が80歳で入滅する際の姿を現した涅槃像も多く知られています。

室生寺-釈迦如来坐像2
室生寺-釈迦如来坐像(国宝)

室生寺-釈迦如来座像
室生寺-釈迦如来坐像(国宝)

にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 如来について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
如来とは何か
2009/03/14(Sat)
如来とは、サンスクリット語のタターガタの訳語で、「真理に到達した者」という意味を持ちます。
仏教の真の悟りを得た者という意味で、仏、仏陀と同義語と言えます。


仏教が成立した当時、悟りを開いていたのは、「釈迦如来」だけでしたが、初期の仏教教理の中で過去七仏が案出され、釈迦如来の後継者となる未来仏は「弥勒如来(菩薩)」とされています。


のちに大乗仏教として体系化されたころには、東方浄瑠璃世界の教主で病を癒し寿命を延ばす功徳を持った「薬師如来」や、西方極楽浄土の教主で死後の安楽を成就させる本願(人々を救おうという誓い)の「阿弥陀如来」、仏教政界全体を包括するという、仏教の広大さを象徴した「毘盧舎那如来」などが考え出され、

さらに密教では、あらゆる存在が体系化され、仏・菩薩などもすべては大日如来から生じるとされ、新たに「大日如来」を中心とした世界観が説かれました。



このように釈迦如来に限らず、ほかにも如来が存在すると考えるのは、
過去・現在・未来の三世、東西南北、東南、西南、東北、西北、上下の十方のどこにでも仏さまはいるとする「三世十方諸仏」の思想にもとづくものです。



次に、如来の姿について見てみましょう。

如来が造形作品のなかで表現されるようになった初期のころは、如来を人間の形で表わすのはおそれ多いと考えられ、塔(ストゥーパ)や宝座、宝輪などで、釈迦の存在を象徴的に暗示するのみでした。


しかし紀元前1世紀ごろに、如来を人間の姿を借りて表現することが始まりました。
如来の姿のモデルとなったのは、出家した釈迦の姿でした。


釈迦の身体的特性をもとにしてまとめられた「三十二相八十種好」を備えているものとして、例外的存在と言える大日如来を除けば、大衣を1枚だけをまとう形で、装飾品や宝冠などを身につけていないのが最大の特徴です。


syakazazou_2.jpg
室生寺-釈迦如来坐像


syakazazou_1.jpg
室生寺-釈迦如来坐像


にほんブログ村 宗教美術


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 如来について | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。