2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
仏像の光背について
2009/06/21(Sun)
仏像の背後には、光背という板状の飾りのようなものがあります。
光背は、飾りに見えますが、仏身から発する光を表現したものです。

釈迦が悟りを開いた際、全身が金色に輝き始めたという様子を表わしています。
基本的には、頭部から発する頭光、体部から身光、全身を覆う挙身光の3つがあります。


光が放たれる様子は、同心円や放射状の線で表現されることが多く、光を円で表わした円光、円光を組み合わせた二重円光、宝珠の形をした宝珠光、炎の形をした火焔光などがあります。



光背には、雲や蓮華などの植物、また火焔や化仏を浮き彫りや透かし彫りしたものなど、技巧を凝らしたものが多くあります。また、仏像の種類や時代によってそのデザインが様々に変わるため、仏師の工夫や作られた時代を知るのにも役立ちます。


まず、初期の光背として知られる円光はガンダーラやマトゥーラの仏像に見られるものです。
これはギリシャ神話に登場する天使の背後にある輪からヒントを得たものと考えられています。

この円光に何本かの光の筋を表わしたものに「輪光」というものがあります。
地蔵菩薩や阿弥陀如来などによく見られる光背です。


次によく見かける光背に「蓮弁光」というものがあります。蓮の花の花弁の形をしていることからこのように呼ばれ、もっともポピュラーな光背です。

さらに蓮弁光にたくさんの仏(千躰仏)をあしらったものを「千仏光」と呼んでいます。
奈良の唐招提寺の毘盧舎那如来の光背は、遠くから見るとたくさんの鈴が取り付けてあるように見えますが、よく見ると、その一つ一つが小さな仏の姿に作られています。


明王は火焔をかたどった火焔光を背負っています。
火焔光は、怒りを炎で表現したものですが、中には炎の先端が鳥の頭の形をした迦楼羅焔光も見られます。伝説上の迦楼羅は煩悩の象徴の毒蛇を食べると考えられていて、迷いの焼き尽す火焔と合わせて、ダブルパワーで煩悩を払います。


このように、光背にはさまざまな形のものがあり、仏像には欠かすことのできないものです。


法隆寺-四天王立像(多聞天)
円光   法隆寺-四天王立像(多聞天)

浄土寺-阿弥陀三尊立像
放射光  浄土寺-阿弥陀三尊立像


にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】
スポンサーサイト
この記事のURL | 仏像の見方・楽しみ方 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
仏像の姿勢について
2009/05/26(Tue)
仏像には様々なポーズがあります。
座っている「坐像」、立っている「立像」、腰かけている「倚像」、涅槃を迎える釈迦に見られる、横になった「涅槃像」などがあります。


坐像の基本となるのは、座禅をするときの座り方、結跏趺坐です。これは瞑想や救いの方法を考えているとき、また、衆生を前にして法を説く姿を示します。


右足が上の場合は、吉祥坐、左足を上に組む場合は、降魔坐といいます。右ひざを立てて座る形を輪王坐といいます。片ひざを立てて座る姿はいよいよ救いに向かおうとする姿だとされています。



立像はたいていの場合、どちらか一方の手を上げて、蓮華や水瓶などを持つことが多いです。
立ち方は、両足をそろえて真っすぐ立つものや頭や腰を左右に曲げたものがあります。



椅子に腰を掛けた姿の倚像は、中国の仏像ではよく見かけられますが、椅子に座る習慣のなかった日本ではあまり広まってなかったようです。

日本で腰かけた姿といえば、片足だけを反対の太ももに乗せ、片足を踏み下げた半跏踏み下げ像。
広隆寺の弥勒菩薩や中宮寺の菩薩半跏像など弥勒菩薩像のポーズとして有名ですね。



横たわった臥像は釈迦涅槃像だけに見られる、釈迦が80歳で入滅した時の姿を現したもの。
右わきを下にして横たわった姿の像で日本での兆像は少ないです。


中宮寺-菩薩半跏像
中宮寺-菩薩半跏像


清涼寺-阿弥陀三尊坐像
清涼寺-阿弥陀三尊坐像


東大寺-不空羂索観世音立像
東大寺-不空羂索観世音像


にほんブログ村 宗教美術
FC2 Blog Ranking
人気ブログランキング


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 仏像の見方・楽しみ方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
仏さまあれこれ
2009/03/12(Thu)
仏さまと呼ばれるのは、釈迦如来だけではありません。

「仏陀」というと、お釈迦様、つまり釈迦如来を指すものと受け取られがちですが、ブッダとはサンスクリット語で「目覚めた者」「悟りを開いた者」すべてを指しています。


仏教が生まれた当時、悟りを開いていたのは、釈迦如来だけだったので、この時点では仏陀と言えば釈迦如来のことだったのですが、

『法華経』などの経典では、仏陀に近いほど尊い存在である観音菩薩や文殊菩薩のことも説かれています。そうしたことからも、釈迦如来より以前に悟りを開いていた仏さまがいたものと考えられます。そこで考えられたのが、「過去仏」です。


一方で、釈迦如来は、自分の入滅後56億7000万年後に、人々を救う次の仏陀が現れると予言したとされています。これが「未来仏」で、釈迦如来の後継者の未来仏には、その弟子として直接教えを受けた弥勒菩薩がなるとされています。


仏教の発展の中で大乗仏教が広がっていくと、過去や未来に限らず、現在も釈迦如来のほかに仏陀は存在すると考えられるようになりました。



そんなわけで仏像にも色々と種類があるわけです。

仏像は、如来、菩薩、明王、天の四つのグループ(部)に分けられます。
このほか、羅漢や祖師像を含めた尊像を広く仏像と言います。


asura_kohfukuji2.jpg
興福寺-阿修羅像



国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 仏像の見方・楽しみ方 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
仏像
2009/03/11(Wed)
仏像は、仏教の信仰対象である仏(仏陀)の姿を表現した像のこと。

仏陀(ブッダ)はサンスクリット語で「目覚めた者」で、「真理に目覚めた者」「悟りを開いた者」の意味をもっています。


初期仏教において「仏」とは仏教の創始者ゴータマ・シッダールタ(釈尊、釈迦如来)を指しましたが、大乗仏教の発達とともに、弥勒仏、阿弥陀如来などのさまざまな「仏」の像が造られるようになりました。


「仏像」とは、本来は「仏」の像、すなわち、釈迦如来、阿弥陀如来などの如来像を指しますが、一般的には菩薩像、天部像、明王像、祖師像などの仏教関連の像全般を総称して「仏像」とも言います。

彫像の材質は、金属製、石造、木造、塑造、乾漆造など様々です。


釈迦如来-清涼寺
清涼寺-釈迦如来立像


国宝阿修羅など名作も豊富【仏像ワールド】


この記事のURL | 仏像の見方・楽しみ方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。